スタッフブログ

自律神経について。

こんにちは、
くわトロ整体院の院長の桑島です。

今回は前回お伝えしました通り、
自律神経について、書かせて頂きます。

自律神経とは!?

まず初めに自律神経は、

私達が日ごろ、

自分で命令していない、

内臓、血管などの働きをコントロールし、

体内の環境を整える神経の事です。

簡単に申しますと、

このような形です。

院長 桑島も一昨年、自律神経の調子を崩しました。

私の話を少しさせて頂きます。

私も一昨年に、

夜、帰宅した時に突然頭痛と目眩が出ました。

何とか家にたどり着きましたが、

この時の正直な気持ちは、

「明日仕事いけなくなる」

「どうしよう…迷惑かける」

不安と怖さが襲いました。

 

この時の私の状態は、

横になっていれば、

眩暈は止まっている。

しかし、立ち上がると周りが回転する感覚になり

立位を保つことが出来ない。

 

ですが、

産後骨盤矯正に特化して8年施術させて頂いておりますので、

自律神経が乱れて不調になられた方が、

どのようなプロセスで克服されてきたのかを、

経験として知っておりました。

ですので、

早めに不安な気持ちを、

「ここで自分が克服できれば患者様の不安を取れる!」

と前向きなものに変得る事ができました。

ですが、

その日は中々寝る事ができず。

不安な気持ちの方が勝っておりました。

 

私が自分に試した方法。

自律神経を整えるのにはリラックスして、

睡眠を取るのが一番です。

 

 

そして、臨床経験上自律神経が乱れた時の特徴として、

右の背中に張りが出る方が多いです。

眠る上でも、

背中に張りが出ますと、

どんなに良い布団で眠りましても、

固い筋肉を下に敷くことになります。

その為に、睡眠が取りにくくなるのです。

ですので、シャワーで右の背中を温めて、

背中の筋肉の血流を良くするのもお勧めです。

 

それと、

体内時計を合わせるために、

朝日を積極的に浴びました。

そして、

起床後すぐに、

朝食をとるようにしました。

 

適度な運動も良いと聞きます。

そこで、普段は自転車通勤しているのですが、

帰り道に自転車から降りて、

10分歩くようにしました。

 

そうしているうちに、

睡眠のリズムが整い、ぐっすり眠れるようになりました。

 

やはりぐっすり睡眠を取れるようになると、

眩暈や頭痛も取れていました。

 

もし、

皆さんもご自身や周りの方で、

睡眠の不安定、

眩暈等、

お困りの方は、

私が自分に施した上記の事をお試しください。

周りでお困りの方にも教えて上げてください。

 

次回ブログもお楽しみに!

Go to Top